引越しキャンセルはできるか

結論的にはキャンセルは出来ます。
但し、キャンセル料が発生する場合もありますので注意を要します。
標準引越運送約款では、作業前日のキャンセルには見積もり契約料金の10パーセント以内、当日のキャンセルは20パーセント以内となっています。
以内ですから満額要求されても仕方有りません。
引越会社の中には契約書に当日依頼者都合によるキャンセルを認めず、契約金額の全額を請求できるとしているのもありますがそれは違法ですから支払う必要はありません。
キャンセル理由は色々有ります。
作業日時の変更もキャンセル料が発生する要因となります。
依頼主本人及び家族が急病や事故に遭った場合も原則的にはキャンセル料が発生しますが、引越会社によっては事情考慮という事で、担当者が出庫前なら次回も作業を担う限りキャンセル料は請求しない場合もあります。
出庫した場合でも実損以内の穏便な請求で済ます引越会社が殆どです。
法外ともいえなくても明らかに過剰請求ともなると評判に傷がつきかねないからです。
もっとも繁忙期のキャンセルには、引っ越し業者にとっても20パーセトでさえ大赤字になりますので満額請求されてもやむお得ないでしょう。
中には常識的に考えても許せないキャンセルもあります。
例えば複数を天秤にかけて、契約会社以外の引っ越し業者の提示条件申し入れに安易に受け入れてしまって契約会社にキャンセルの連絡を直前にするなんてことは許されません。
要するに契約の引っくり返しです。
これは商道徳上もしてはいけない行動です。

 

 

プロへのアウトソーシング

引越というのは一生に何度も経験するものではありませんので、どうしても慣れやノウハウというものが構築しづらいものであります。
生活においてアウトソーシングをする場面は多数あると思います。
例えば外食は料理のアウトソーシングですし、保育園は育児のアウトソーシングです。
そんな中、生活の場で一番アウトソーシングをした方が良いのが引越です。
実際に経験した体験談ですが、プロだけあってものすごく手際が良いです。
用意した段ボールを高速で積み上げまた思いテーブルを一人で運び、一人で運ぶのが難しいソファーやベッドなどは分解して運んで行きます。
そもそもベッドが分解できるなんてことは、その現場を見て、初めて知りました。
ちなみに大型家具をどかした後はほこりがすごい量でした。
開始して約1時間で荷物の撤収は終わりました。
引っ越し業者二人のコンビネーションはすごく、あっという間に片付いてしまいました。
おそらく自分たちでやっていたら、丸一日かかってしまうか、そもそも大型の家具は運べないということになってしまうでしょう。
撤収した荷物を今度は搬入する作業ですが、こちらも開始して一時間程度で終了しました。
分解したベッドなども手際よく組み立て、文句の無い出来です。
改めてプロの技というものを知りました。

 

 

単身パックを展開する引越会社

近年では、単身パックのサービスを展開する引っ越し業者が、数多く見受けられているのではないでしょうか。
このようなパッケージは、単身で転居をする人が安い金額で転居できる仕組みになっているため、このようなサービスを活用する人が増加しつつあります。
単身での転居の実例が増加し続けていることを察知して、こうした取り組みを展開する引越会社が、数多く見受けられていると言えるのではないかと思います。
リーズナブルな予算で転居を進められることが大きな特徴であることが多く、引越に携わる会社が高く評価される契機になっていると考えられています。
昨今は、多くの引っ越し業者で単身パックの展開が行われるようになっており、よく知られるサービス内容になっています。
実際に単身パックを活用して、転居をした経験のある人も多いと考えられていることから、高い頻度で適用されるサービスの代表格として挙げられています。
今後も単身パックのサービスは、多くの引越会社で普遍的に展開されるものとみられています。
そのため、リーズナブルな値段で転居を実践できる可能性がこれまで以上に高くなると予測されていることから、その点には大きな期待が掛けられるのではないかと思います。

 

 

引越見積り

16年ほど前、コーポから一軒家に引っ越すことになりました。
近所の方が「引越会社によって、金額が全然違うから、見積りしてもらったらいいよ」と言われ、2つの会社に見積りをお願いしました。
最初に来たA社は20万でした。
説明もきちんとされていたし、別に疑うところもありませんでした。
次の日来たB社も、家具や転居先の住所などを確認して28万でした。
あぁ全然違うなぁ〜と思っていたら、そのB社の方に「ひょっとして、他の会社さんにもお見積りしてもらったんですか?おいくらでした?」と聞かれ、20万だったことを伝えると、「ちょっと失礼します」と言われて外で電話をかけていました。
そしてすぐ戻ってこられて、「ウチは18万にしますから」と言われてビックリ!
あの丁寧な見積りはなんだったのかと疑いたくなりました。
帰りに強引に「サービスですから」とダンボールを置いて行かれ・・・。
結局断り切れずにB社にお願いしました。
作業はもちろん懇切丁寧で、キズがつくこともなく、おそらくバイトであろう元気なお兄さんたちががんばってくれました。
大満足でした。
しかし、安いのは嬉しいのですが、引越費用って言い値なのかなとちょっと考えてしまう事件でした。
なんせ昔のことですから、今は透明性もあってきちんとされていると思います。

 

 

一番過酷だった引越の体験談

今までの人生において、我が家は主人の仕事の関係で転勤が多く、その一つ一つに思い出があります。
その中で、過酷さダントツ一位の引越経験を書いてみようと思います。
それは社員が自分の持ち家を会社に社宅として貸している物件でした。
前日からその地へ飛行機で入り、物件そばのホテルで一泊し、約束の時間に期待に胸をふくらませて物件マンションへ行きました。
すると、何やら引越会社が慌ててどこかへ電話をかけています。
何事かと聞いてみれば、前の荷物を出しておらず、よってハウスクリーニングなどされた形跡がない、そんな状態の家に我が家の荷物を入れるのですか入れられませんよねとおっしゃいます。
そしてずっと空家だったらしいベランダには、鳩のふんが山盛りですよとおっしゃいました。
今までそんな状況に遭遇したことがない我が家は驚き、主人は急いで会社へ電話をかけました。
すると、担当者がすっかり忘れていたとのことで、今からクリーニング業者の手配をしてみると言い、そして連絡が入り本当に申し訳ないのだがこれから2週間ホテル暮らしをしてほしいと言われました。
こちらは1歳のお誕生日直前の子供が居ます。
幸いなことに近くのホテルがとれ、2週間そこで暮らしました。
着替えや子供の衣類、ベビーカーなどを、引越会社の倉庫まで地下鉄を乗り継ぎ取りに行き大荷物ゆえタクシーでホテルに帰りました。
たったひと部屋で3人で過ごし、昼間はデパートや遠方の友達の家におじゃまして時間つぶしをしながらの2週間。
コインランドリーでなぜ今私は洗濯をしているんだろうかと情けなかったことを覚えています。
大騒動の末、やっと作業を終えました。
あとにも先にもこんなきつい引越はありませんでした、あの暑い暑い夏の日差しは忘れることができないでしょう。

 

 

おすすめサイトの紹介

 

参考:「一番安い引っ越し業者はどこ?はっきり正直に答えます。

 

こちらは、管理人おすすめのサイトです。
一番安い引っ越し業者を選ぶためのコツ、費用を更に引き下げるための方法などが紹介されています。
少しでも安く費用を切り詰めたいなら、一読の価値ありだと思います。
興味があれば、訪問してみてください。

更新履歴